実際の取引と仮想取引にはどんな違いがあるの?

あなたの疑問、解決サイト

>

損をしないために

取引上の注意事項

仮想取引は、良い点ばかりでもありません。
処理は全て仮想世界で行いますから、危険が全くないわけではないのです。

ハッキングなどによる情報流出や現金流出の危険性もはらんでいます。
国が認めた公式ではないものに関しては、保証が効かず、何か事件があっても自己責任で終わるケースも少なくありません。

また、仮想ですから、エラーによりシステムがダウンする可能性もなきにしもあらずです。
一度このような事件に巻き込まれてしまうと、取引自体がなくなってしまうこともあり得ます。

通貨に関しては、いつ取り扱い企業が破綻するかわかりませんし、通貨自体が消滅してしまう恐れもあります。

こうしたリスクを踏まえた上で、思わぬ事態を察知し、予防ができるよう、最新の情報を常に習得し、取引ごとに仮想と実際の取引を、臨機応変に使い分けていくのが良いでしょう。

しまった!思わず陥りやすい落とし穴

仮想取引は、仮想で行う上でのメリットは多々ありますが、もちろん、実際の取引としてはあまり好ましくないことがあります。

たとえば、今まで仮想で取引をしていたが、急用で実際の取引が必要になったとき。
仮想から現実への移行は、簡単ではありません。

仮想上の通貨を、現金化しようとすると、実際の取引よりも倍の手数料がかかることもしばしばあります。

それから、インターネット上のショッピングサイトで活用すれば、大変便利なものですが、必要以上に使いすぎてしまう恐れもあります。

とはいっても、貯金用には最適で、当座預金代わりになるのは確かです。

引き出すチャンスが少なければ、使わずに我慢するため、節約をしやすくなります。

特徴を理解した上で、うまく活用していきましょう。


この記事をシェアする
TO_TOP