実際の取引と仮想取引にはどんな違いがあるの?

あなたの疑問、解決サイト

>

仮想上のやり取り

お得なのはどっち?仮想取引と普通取引

実際の取引だと、特に営業時間外は、取引できません。
ATMなどを活用できても、大幅な手数料をとられることがあります。
そのため、忙しい平日の、それも夜になる前に、取引をする必要があります。

それに比べて、仮想取引では、営業時間や休業日を気にする必要がありません。
そのため、平日の夜遅く、あるいは、深夜はもちろん、時間の作りやすい日曜や祝日に取引を行うことができます。

取引の日時は、一般企業の翌営業日になることもありますが、取引の予約が可能なので、日にちを気にする必要もありません。

平日はお仕事だけでなく、プライベートや家族との時間もあり、忙しいですよね。
そんな現代人の味方をしてくれます。

また、手数料もATMより低いことが多いため、とても良心的です。
たかが数百円とはいっても、塵も積もれば山となりますから、取引の多い方には、大きな節約になります。
とても嬉しいですよね。

仮想取引の使命

実際の取引現場を思い出してみてください。
個人情報保護法により、ますます厳しくなってますから、持参するものが多いですよね。

取引の前に、本人確認書類や印鑑の照合などに時間がかかりますし、時期や時間帯によっては大幅な待ち時間も発生することも避けられません。

無論、仮想取引であっても、最初の利用開始時の手続きは、たくさん書類を提出しなければなりませんし、承認までに時間はかかります。

書類に不備があれば差し戻しと再提出が必要ですから、場合によってはかなり時間がかかります。

しかし、一度登録がなされると、取引ごとに求められる認証手続きは、実際の取引よりも少なく、速く済ませることができます。

実際の取引では、たとえ顔なじみの常連であっても、認証手続きの省略はできず、判子もいちいち持参しなければなりませんから、仮想取引は、それに比べたらとても簡単です。

混雑による待ち時間も発生しませんので、取引もスムーズです。


この記事をシェアする
TO_TOP